起業に向く人、向かない人

起業に向く人、向かない人

昨今の日本では、これまで当たり前だった「年功序列」制度の企業だけではなく、「成果主義」「年棒制」を採用する企業も増えています。サラリーマンは安泰だという常識は通用しない時代ともいえます。首相でさえ、兼業や副業を勧める発言をするなど、働き方の多様性が認めらるようになっています。

法律上は、1円の資本金でも起業できる時代。自分の好きな事、得意分野、スキルを生かして夢の実現をしたい、会社という枠から飛び出して自分自身で事業を回したい。そのために起業したいと考える人が更に増えると思います。会社を設立すること自体は難しいことではありません。が、ただただ起業して事業がうまく行き、儲けられるかと考えると誰にでも同じ結果が出るわけではありません。

ここでは起業に向く人、向かない人の違いについて見ていきます。

法律と行政手続きの専門家
行政書士 高柳麻紀

起業に向く人

①責任感が強く決断力がある人

起業し社長になったからには、すべての事業計画、事業の実行、その結果はすべて自分自身の責任になります。「取引先が悪かった」などと言っても解決にはなりません。そういう事も含めて自分の責任です。では次にどうしたらよいのか、同じ事を繰り返していても進歩は望めません。どこにどのような問題があったのか、新しい決断をするのも自分自身です。

 

②目標設定ができ行動力がある人

漫然と自分のやりたい事だから・・と仕事をしていても、具体的な目標がなければ事業の拡大は目指せません。自分のやりたい事、スキルを生かせる仕事を堂々とできるのが起業です。どうすれば仕事が増えるか、顧客の獲得ができるか、目標を定めてそれを実現するために行動することが重要です。ホームページでSNSで動画を使って・・などインターネットの普及で、歩き回るだけの営業やチラシを配るといった時代に比べ集客方法が増えました。集客方法を考え実現することも行動力です。

 

③信念を持ち学び続ける人

自分の事業はなぜ成り立つのか、自己実現や社会貢献に繋がるのか、自分軸を持ち貫き通したいという信念を持っている人は起業に向いているでしょう。「楽だから」「簡単に儲かるから」といった理由に共感してくれる人はいるでしょうか。楽で簡単に儲かる仕事なら誰でもチャレンジするでしょう。すぐに競合会社ができてしまいます。ネット社会では物事を早く知ることができる一方、進化のスピードも速いです。一つのアイデアと一つのやり方では事業継続や拡大にはつながりません。新しいことを知り、学び、スキルアップを続けることが重要です。意欲的で熱意のある人は起業に向いていると思います。

 

④柔軟性があり人の意見を聞ける人

移り変わりが早い時代ですから、変化を柔軟に受け入れる必要があります。信念を貫く=頑固であることはプラスに働くこともマイナスに働くこともあると理解しておいてください。事業を始めれば、取引先ができたり、そこから紹介が生まれたり、人脈が広がります。先に独立起業している人達からの意見や苦労話は貴重だと思って聞くようにしましょう。自分の思い込みだけで事業を進めると失敗してしまうこともあります。すべてが良い意見と言えなくても、取捨選択しながら人の意見に耳を傾けることは大切です。そして、取引先の方や関係者の方への礼儀や挨拶といった当たり前のマナーやコミュニケーション能力がある人も起業に向いているといえます。

 

⑤ストレスと付き合える人

自己責任と学び続ける日々、様々な人間との付き合い、資金繰り・・起業して経営者になれば、かなりのストレスも抱えることになります。事業がうまくいかないときには悩み落ち込むこともあるでしょう。誰しもストレスを感じることはあります。経営者ともなればストレスがかかるのは当然だと前向きに捉え、強い意志を持ってうまく気持ちを切り替えることが出来る人は起業に向いているでしょう。

起業に向かない人

①意思決定が苦手な人

起業して社長になっても、自分の責任で事業を回すためには素早い意思決定が重要です。すべきことを先延ばしにしたり「そのうち・・」と意思決定が遅れればビジネスチャンスを逃すこともつながります。自身の理念、事業の目的がはっきりしていれば迷ったり、先延ばしにすることはないはずです。誰かが決定してくれるわけではありません。起業するからにはトップは自分自身です。意思決定が苦手な人は起業に向かないでしょう。

 

②決まったことしかできない人

自己責任で意思決定をしながら事業を継続拡大させるのが経営者です。サラリーマン時代と変わらず、決まった仕事しかできないのであれば起業には向かない人といえます。サラリーマンの「枠」から飛び出して起業するわけですから、常に新しいことを考え、学び続けることが重要です。自身の行動力で仕事や人脈を広げなくてはなりません。自分の意思、信念を持って行動できない人は起業に向かないでしょう。

 

③人の話を聞けない人

起業を考える時、自信やスキル、それなりのプライドは必要です。しかしプライドが高すぎて人を見下したり、時代の流れが速い今、人の話を聞けない人は結果的に周囲からの信頼を得ることはできません。他者の意見を吸収したり、優れた部分を素直に受け入れることも学びの一つです。ただの頑固は嫌われるだけです。よほどの実績があり、稼いでいる社長でなければ「好きではないが、この人と取引したい」とは思われません。

 

④常識がない人

常識の範囲を決めることは難しいですが、最低限の挨拶や謝罪が出来ない人は他人から認められないでしょう。電話やSNSでのメッセージのやり取りが容易になり、つい友達とのやり取りの癖が出てしまうのは要注意です。

私自身経験したことですが、いきなり「〇〇してもらえます?」と電話がかかってきました。相手のお名前と、現在の状況を聞くことになります。そしてメールでのやり取りが必要になりました。社会人としてメールを送る時に、「件名」「誰宛なのか」「送った人は誰か」を記載することは常識だと考えますが、その方は「届いてますか?」の一言でした。こういった方が起業したらどうでしょう。丁重に関わることをお断りするでしょう。常識がない人は起業には向かないということです。

 

⑤法律やルールを守れない人

先輩経営者の声やインターネット上の情報を鵜吞みにして、安易に法律やルールを破ってしまう人は、大変な苦労をすることになるので、起業には向きません。知らなかったでは済まされないことが多々ありますので、ご不明な点は、各種専門家に相談しましょう!

↓ 起業相談 ↓

オンライン起業無料相談

↓ 起業成功事例 ↓

起業支援お役立ち情報

免責事項

TEAM 起業支援&企業サポートは、高柳麻紀行政書士事務所の『横浜の行政書士 高柳麻紀』監修のもと、運営しております。
専門的で難しい内容を「簡潔にわかりやすくお伝えすることを優先し、詳細を割愛させていただいている部分もございます。
当サイトをご利用になり生じたいかなる損害についても、賠償責任を負いません。行動に移される場合には、事前に各専門家(専門家一覧)に直接ご連絡頂けますようお願い申し上げます。


TEAM 起業支援&法人化サポート
人気順ランキング

起業とは?創業、独立、開業、創立、設立、ベンチャーとの違い

起業(きぎょう)とは「新しく事業を起こすこと」を意味します。 創業、開業、創立、設立、独立、ベンチャーとの使われ方の違いを比較すると、より繊細に「起業...

法人の種類と特徴。会社設立時の選択が運命を決める!

法人の種類と特徴 ~会社設立時の選択が運命を決める!~ 少し難しいお話ですが、「法人」ってなんでしょう。私たち一人一人に人格があり、法律により権利や義...

講演依頼|経営者団体様・地域団体様・業界団体様なら無料も?!

各種経営者団体様や経営者交流会様、地域団体様、業態団体様などを対象に、毎月1団体様限定で無料講演させていただいております。 オンライン形式の場合は、全...

会社設立 個人事業主を残して掛け持ち?引継ぎ?

個人事業主を続けながら、会社設立はできるのでしょうか。法人と個人事業主の掛け持ちはできるのでしょうか。 シンプルに答えると、「できます!」 法人経営と...


起業・創業・法人化
お役立ち情報一覧

TEAM 起業支援&法人化サポート
専門家紹介

法人化時の社会保険(厚生年金・健康保険)、労働保険について社労士が解説

社会保険労務士法人レアホアの栗原深雪です。 会社設立、法人成り時の社会保険(厚生年金・健康保険)、労働保険(労災保険・雇用保険)について、社会保険労務士の視点からご...

無料起業相談|東京・神奈川(横浜等)・ZOOM全国対応

ビズサポの横山です。 個人事業主開業または法人化予定の方、スタート後に課題を感じている方限定! 毎週2名様まで、無料の起業相談を承っております。ZOOM全国対応、東...

起業時にホームページ制作が必要な盲点!無料作成?開業におすすめなサイトは?

一般社団法人リブランディング協会の横山です。 起業時のホームページ制作について、個人事業主開業時点でWEBサイトが必要な理由、フリーランスにおすすめなホームページ無...

開業・法人化前にチェック!税金で損しないための注意点を税理士が解説

田辺税理士事務所の田辺悠一です。 個人事業主開業、会社設立(法人化・法人成り)時に役立つ情報や注意点を税理士の視点からご説明させていただきます。 動画タイトル 開業...

法人化・会社設立の流れ・進め方、種類、費用、サポートを行政書士が解説

高柳麻紀行政書士事務所の高柳麻紀です。 会社設立(法人化・法人成り)の流れ・進め方、種類、費用などについて、行政書士の視点からご説明させていただきます。 動画タイト...

-->
TOP