起業時にホームページ制作が必要な盲点!無料作成?開業におすすめなサイトは?

一般社団法人リブランディング協会の横山です。

起業時のホームページ制作について、個人事業主開業時点でWEBサイトが必要な理由、フリーランスにおすすめなホームページ無料作成ツール、SNSマーケティングで成功する方法、注意点、事例など、お役立ち情報をまとめさせていただきました。

そして何より、後々、お困りにならないための情報をお伝えさせていただきたいのです。弊社は日々、様々なご連絡を頂戴しますが、一番多いのは「起業時に制作したホームページに関するお困り事・トラブル解消」のご相談です。後々だと泣き寝入りせざろう得ないケースもございます。

是非、起業・開業時こそ、知り合いの紹介だから、ちょうど営業電話がきたからと、安易に進めないことを強くおすすめさせていただきます。

起業時にホームページが必要な
理由・メリット

  • 銀行口座開設で有利
    個人口座と違い、ビジネス口座(法人口座、屋号付き口座)の開設は、とても審査が厳しいです。会社概要(法人名、本社住所、連絡先、代表者名、事業内容、取扱商品・サービスなど)を掲載したホームページがあると、審査上、有利になります。
  • 新規開拓・紹介獲得
    業種によりますが、開業当初からWEB集客を中心に新規獲得されているお客様は多数おられます(起業支援の成功事例)。そうでなくても、起業当初は、様々な方がお客様を紹介してあげようと協力してくださるものです。しかしながら、ホームページがない人を紹介するのは、とても面倒で、かつ、紹介者にとっての難易度が高まります。せっかくのご好意を結果に結びつけるためにも、ご紹介者様への配慮としても、起業時のホームページ制作には力を入れるべきです。
  • 取引先からの信用
    ホームページを作る時にはドメイン(URL)を取得しますので、独自ドメインのメールアドレスを作成できます。フリーメールに不安を感じるお客様は多いです。しかも、フリーメールはセキュリティー強度などを度々変更するので、しっかり対応しないと、メールが届かないなどのクレームにつながります。
    また、ホームページ自体も信用につながります。特に、SEO対策によってベテラン企業群を抜き、トップ層に入ることができれば、抜群の信頼が得られます。
  • 横取り防止
    御社が営業活動、交流会、広告、チラシなどで新規獲得努力をしたとします。多くの場合、興味を持った見込客様ほど、御社のことをネット検索します。もし、ホームページがなければ、関心度の高い見込客様がライバル社のホームページを閲覧することになります。ライバル社のために労力や費用を祓うことになりかねません。

個人事業主開業時、
WEBサイト必要ない派の意見

  • ポータルサイトに掲載しているから必要ない。
    飲食業などは、ポータルサイトが強過ぎるので、確かにその通りです。ライバル店と一緒に掲載される、掲載料が高額というデメリットはありますが、オフィシャルサイト制作については、余裕ができてから検討する流れがおすすめです。
  • ネット集客に頼る必要がない。
    すでに人気のある企業様でいらっしゃるのですね!その分、既存のお客様、紹介者様、見込客様、社員様、就職希望者様、取引先様など、関わる人も多いかと思われます。関わる方々への「おもてなし」、CS(顧客満足)経営、ES(従業員満足)経営の一環として、ファンサイトがあると喜んでいただけますよ!
  • GoogleMapがあれば大丈夫
    GoogleMapの掲載順位を上げるのに、オフィシャルサイトのSEO対策は二人三脚的に役立ちます。上位表示できていない場合には、検討の余地があります。

無料ホームページ作成ツール選択の盲点

ホームページとメールアドレス所有の基本

2つの契約が必要です。

  1. ドメイン管理会社(レジストラ)
    バリュードメイン、お名前ドットコム、ムームードメインなどです。
    ホームページのURL、メールアドレスの@以降は、ドメイン管理会社でドメインを契約します。com、net、jpなどによって料金が異なりますが、年間1400~4500円程度です。クレジットカード払い、自動更新設定にしておけば、毎年の更新作業も軽減できます。
  2. レンタルサーバー会社
    エックスサーバー、ロリポップ、コアサーバーなどです。
    簡単に言えば、ホームページやメールを置いておく場所だと考えてください。レンタルサーバーやプランによりますが、年間6000円前後です。

ドメインが無料になるレンタルサーバーのプラン、ホームページ無料作成ツールとセットになったコースなど、様々あります。

後悔しない選び方 2つのポイント

  1. 最低有料プラン料金
  2. WordPressに移行できるか

この2つのポイントを意識して決めましょう!

ホームページ無料作成サービス3選

ホームページ無料作成比較の盲点

「無料ホームページ作成」と検索して出てくるものを次の表にまとめさせていただきます。ビジネス活用をしていく場合、すぐに無料では済まなくなるのが、サービス比較の盲点になりがちです。

そのため、最初から有料に移行する前提で、次の基準を満たす最低限のプランと料金を掲載させていただきます。

  • 独自ドメイン(URL)が利用できる。
  • 広告費表示
  • HTMLやCSSの知識がなくても、何とかなる。
  • サーバー容量が10GB以上。

ホームページ無料作成比較の盲点

ツール名 特徴 サーバー費用
WordPress
(ワードプレス)
全世界のウェブサイトのおよそ4分の1(25%)が、無料で使えるCMSの代表格Wordpressで制作されています。
デザインテーマや機能追加のプラグインが最も充実しているツールと言えるでしょう。
簡単なサイト~本格的なホームページまで制作することが可能です。
レンタルサーバー会社によりますが、例えば、コアサーバーのCORE-Miniコースなら、年間2,640円サーバー容量200GBまでです。
Wix
(ウィックス)
世界的にも有名なホームページ作成プラットフォームで、800 以上のテンプレートが利用可能。
Wordpressへのエクスポート機能はありません。
つまり、Wordpressなどに乗り換える場合には、Wixで蓄積したブログなどが引き継げません。これが最大の問題点です。

WordPress → Wix 悲しい事例

2022年7月に中身は変えず、コピペ作業にてWordpressからWixに変更された企業サイトの実例。弊社としては、おすすめできません。

  • 集客キーワードの検索順位
    7位 → 83位
  • PageSpeed Insights
    モバイルで89点 → 15点

スマートフォンでのホームページ表示速度は、SEO対策にもマイナスなだけではなく、閲覧者のストレスにもなり、ページが閉じられてしまう大きな原因です。ここまで大きくな結果の差は店舗に例えると、駅前店から目立たない郊外の裏路地に引っ越すぐらいのインパクトがあります。

アドバンスプランなら、年間18,000円サーバー容量10GBまでです。
jimdo
(ジンドゥー)
世界中で3200万以上のサイトで利用されているホームページ作成ツールです。
Wordpressへのエクスポート機能はありません。
つまり、Wordpressなどに乗り換える場合には、Wixで蓄積したブログなどが引き継げません。これが最大の問題点です。
クリエイタープランBUSINESSなら、年間29,520円サーバー容量無制限です。

作成のしやすさについては、どのツールに自分が慣れているか次第かと思います。自由度が高く、料金も安く済むワードプレスが人気も高くおすすめです。

起業時に制作したホームページ
に関するお困り事・トラブル例

  • WEB制作会社との連絡が取れなくなった。
  • WordPressの管理者権限を与えてもらえず、主要部分が編集できない。業者変更もできない。
  • そろそろ本格的なサイトにリニューアルしたいが、無料ホームページ作成ツールで制作していたため、ブログ部分がエクスポートできなかった。
  • 「制作費は無料だが、月々数万円支払い続ける契約」をしていただが、業者変更をすると、これまでのブログ記事さえ失ってしまう契約だった。
  • 高額な管理費用を支払い続けているが、当初約束していた毎月の訪問や記事追加サービスが受けられていない。

起業家におすすめな
WEBサイト制作とは?

ホームページ制作事例

起業家の方々にとっては、事業設計全体から相談できる、ブランディングとSEO対策に強いWEB制作会社がおすすめです。

ちょうど、当サイトに掲載させていただいている専門家の皆様も、弊社でブランディング、ホームページ制作をさせていただいております。

最近ではブランディングの良し悪し、実際のご活躍ぶりが、Googleの検索順位に影響するようになりました。
そのため、ご活躍の指標の1つとして、検索順位もあわせて掲載させていただきます。

田辺税理士事務所 税理士 安い 1位」「税理士 横浜 3位」
社会保険労務士法人
レアホア
社労士 港区 5位」「社会保険労務士 港区 5位」
社労士事務所 品川駅 2位」
高柳麻紀行政書士事務所 緑区 行政書士 2位」「行政書士 業務一覧


ブランディンブの定義とは?

開業・法人化のタイミングは、ブランディングを見直す好機でもあります。そもそも、ブランディングの定義とは何でしょうか?


SEO対策に強い

また、Googleコアアルゴリズム・アップデートで検索圏外に落ちた医療・健康分野のサイトを復活させた事例を持つ数少ないWEB制作会社です。「地名+業態名」の上位はポータルサイトが独占状態なものですが、弊社制作サイトは巨大なポータルサイトを抜いている事例も多いです。しかも、オプションなどでSEO対策費を頂戴することもありません。

費用・相場

依頼内容 相場 弊社
制作費用 無料~300万円
※無料は年間管理費高額多し。
22万円~
管理費・保守費用 5,000円~50,000円 無料

一般社団法人リブランディング協会
(専門分野:ブランディング)

無料起業相談|東京・神奈川(横浜等)・ZOOM全国対応

会社名・屋号 一般社団法人リブランディング協会
代表者 ブランディング分野担当 
横山 学
住所 〒105-0013
東京都港区浜松町2-2-15浜松町ダイヤビル2F
電話番号 TEL : 03-4405-5388
事業内容
URL https://re-branding.org/

無料起業相談のお申込みはこちら

    ↓ 起業相談 ↓

    オンライン起業無料相談

    ↓ 起業成功事例 ↓

    起業支援お役立ち情報

    免責事項

    TEAM 起業支援&企業サポートは、高柳麻紀行政書士事務所の『横浜の行政書士 高柳麻紀』監修のもと、運営しております。
    専門的で難しい内容を「簡潔にわかりやすくお伝えすることを優先し、詳細を割愛させていただいている部分もございます。
    当サイトをご利用になり生じたいかなる損害についても、賠償責任を負いません。行動に移される場合には、事前に各専門家(専門家一覧)に直接ご連絡頂けますようお願い申し上げます。


    TEAM 起業支援&法人化サポート
    人気順ランキング

    会社設立 個人事業主を残して掛け持ち?引継ぎ?

    個人事業主を続けながら、会社設立はできるのでしょうか。法人と個人事業主の掛け持ちはできるのでしょうか。 シンプルに答えると、「できます!」 法人経営と...

    起業とは?創業、独立、開業、創立、設立、ベンチャーとの違い

    起業(きぎょう)とは「新しく事業を起こすこと」を意味します。 創業、開業、創立、設立、独立、ベンチャーとの使われ方の違いを比較すると、より繊細に「起業...

    法人の種類と特徴。会社設立時の選択が運命を決める!

    法人の種類と特徴 ~会社設立時の選択が運命を決める!~ 少し難しいお話ですが、「法人」ってなんでしょう。私たち一人一人に人格があり、法律により権利や義...

    定款の作り方 会社設立後に損しない定款とは?

    法人設立を始めるに当たって、定款は必ず作成しなければなりません。 会社法では株式会社や合同会社について定款の作成義務を設けています。 NPO法人につい...


    起業・創業・法人化
    お役立ち情報一覧

    TEAM 起業支援&法人化サポート
    専門家紹介

    法人化時の社会保険(厚生年金・健康保険)、労働保険について社労士が解説

    社会保険労務士法人レアホアの栗原深雪です。 会社設立、法人成り時の社会保険(厚生年金・健康保険)、労働保険(労災保険・雇用保険)について、社会保険労務士の視点からご...

    無料起業相談|東京・神奈川(横浜等)・ZOOM全国対応

    ビズサポの横山です。 個人事業主開業または法人化予定の方、スタート後に課題を感じている方限定! 毎週2名様まで、無料の起業相談を承っております。ZOOM全国対応、東...

    起業時にホームページ制作が必要な盲点!無料作成?開業におすすめなサイトは?

    一般社団法人リブランディング協会の横山です。 起業時のホームページ制作について、個人事業主開業時点でWEBサイトが必要な理由、フリーランスにおすすめなホームページ無...

    開業・法人化前にチェック!税金で損しないための注意点を税理士が解説

    田辺税理士事務所の田辺悠一です。 個人事業主開業、会社設立(法人化・法人成り)時に役立つ情報や注意点を税理士の視点からご説明させていただきます。 動画タイトル 開業...

    法人化・会社設立の流れ・進め方、種類、費用、サポートを行政書士が解説

    高柳麻紀行政書士事務所の高柳麻紀です。 会社設立(法人化・法人成り)の流れ・進め方、種類、費用などについて、行政書士の視点からご説明させていただきます。 動画タイト...

    -->
    TOP