副業でも法人成りした方がお得?そのタイミング

副業でも法人成りした方がお得?そのタイミング

「副業サラリーマン」といった言葉が聞かれる現在。副業を認めている企業も多くなっています。簡単にネットショップで物を売ることができる時代にもなりました。自分の得意分野を生かして受注を募るサイトもありますね。不動産や投資で収入を得る人もいます。

こういった副業もある一定の収入となれば、生活のレベルアップにつながりますし、やりがいも出てくるでしょう。また、収入を得ている以上、個人で確定申告をする必要も出てきます。

ここでは副業サラリーマンでも法人成りした方がよいか、そのタイミングについて見ていきます。

法律と行政手続きの専門家
行政書士 高柳麻紀

副業から法人成りのメリット

①節税

副業での所得が500万円を超えたら、個人事業主としての所得税よりも、法人税のほうがお得になります。
法人税は会社の規模により税率が異なりますが、課税所得が800万円以下で19%800万円を超えると23.2%と、ほぼ一律で決まっています。一方個人事業主の場合は所得が増えれば増えるほど税率は上がります。課税所得が330万円以上で20%、これに住民税10%がかかります。課税所得が695万円以上で23%、900万円以上で33%と税率がどんどん上がります。

 

②経費の幅が広がる

法人成りをすると、自分への役員報酬だけでなく、家族を役員にすると、家族に支払う給与にも給与所得控除が適用されます。
自宅も社宅としての扱いになるので、家賃を経費に計上することができます。個人事業主は自分に給与を払ったり、退職金を拠出したりできませんが、法人成りすると退職金も経費にできるのです。

 

③信用面

個人事業主に比べ、法人のほうが信用を得られることがあります。取引先が個人とは取引しないといった場合や、融資を受けようとするときは法人である方が有利に働くことが考えられます。

 

④事業年度を自由に決められる

個人事業主の事業年度は1月~12月と決められています。法人成りした場合は自由に事業年度を決めることができます。本業の繁忙期などを考えて事業年度を決めれば、スムーズに本業と副業の両立ができるでしょう。

 

⑤赤字繰越しの期間

個人事業主では赤字繰越しが3年間であるのに対し、法人は10年繰越しが出来ます。赤字繰越しとは赤字になった事業の翌年黒字になった場合、赤字を相殺できることです。所得が減ることで税金が安くなるメリットがあります。

副業から法人成りのデメリット

①設立にお金がかかる

株式会社の場合は、設立費用約25万円+資本金。合同会社は資本金はそれほど積む必要はありませんが、設立には約10万円がかかります。資金に多少の余裕がない方には法人成りはおすすめできません。また法人成りをすると、赤字経営だとしても7万円の税金は必ず支払う必要があります。

 

②手続き

個人事業主は「開業届」を税務署に提出するだけで事業を始められます。法人成りをするとなると、会社設立手続きは簡便にはいきません。

  • 事業目的を決め、資本金を用意して「定款」を作成する(公証人の認証が必要な場合も)
  • 登記に必要な書類を作成する
  • 法務局で登記をする
  • 銀行口座開設、社会保険の加入

自分で設立となると本業もありますし、3週間~4週間程度の日数をみておく必要があります。

 

③事務処理が煩雑になる

個人事業主で確定申告する場合よりも、法人成りすると会社法に基づき、さらに複雑な会計処理と決算処理が必要になります。源泉徴収の納付書や源泉徴収票の作成も義務になります。これらを税理士に依頼するとスムーズで安心ですが、費用はかかりますね。

法人成りのタイミング

【副業としてのビジネスの売上が伸びてきたとき】
一般的に売上高1000万円越え、利益500万超えを見通せるようになった頃に法人成りを考えたほうがよいとされます。節税対策の幅が広がるからです。サラリーマンの場合は会社で管理され税金のことを個人的に考えることはないでしょうが、個人事業主として副業をしており、経費を引いても課税所得が500万円を超えるようになるようになったら、法人成りをしたほうが節税対策に繋がります。

 

法人成りのメリットとされる経費の幅も広がります。「経費としての処理」という概念がサラリーマンにはないとすると、給与・役員報酬、家賃や日用品、保険料、日当など事業に関する費用が経費として計上できる法人は、これらを経費として処理することで所得が減少し、税率が下がることになるのです。

↓ 起業相談 ↓

オンライン起業無料相談

↓ 起業成功事例 ↓

起業支援お役立ち情報

免責事項

TEAM 起業支援&企業サポートは、高柳麻紀行政書士事務所の『横浜の行政書士 高柳麻紀』監修のもと、運営しております。
専門的で難しい内容を「簡潔にわかりやすくお伝えすることを優先し、詳細を割愛させていただいている部分もございます。
当サイトをご利用になり生じたいかなる損害についても、賠償責任を負いません。行動に移される場合には、事前に各専門家(専門家一覧)に直接ご連絡頂けますようお願い申し上げます。


TEAM 起業支援&法人化サポート
人気順ランキング

会社設立 個人事業主を残して掛け持ち?引継ぎ?

個人事業主を続けながら、会社設立はできるのでしょうか。法人と個人事業主の掛け持ちはできるのでしょうか。 シンプルに答えると、「できます!」 法人経営と...

起業とは?創業、独立、開業、創立、設立、ベンチャーとの違い

起業(きぎょう)とは「新しく事業を起こすこと」を意味します。 創業、開業、創立、設立、独立、ベンチャーとの使われ方の違いを比較すると、より繊細に「起業...

法人の種類と特徴。会社設立時の選択が運命を決める!

法人の種類と特徴 ~会社設立時の選択が運命を決める!~ 少し難しいお話ですが、「法人」ってなんでしょう。私たち一人一人に人格があり、法律により権利や義...

定款の作り方 会社設立後に損しない定款とは?

法人設立を始めるに当たって、定款は必ず作成しなければなりません。 会社法では株式会社や合同会社について定款の作成義務を設けています。 NPO法人につい...


起業・創業・法人化
お役立ち情報一覧

TEAM 起業支援&法人化サポート
専門家紹介

法人化時の社会保険(厚生年金・健康保険)、労働保険について社労士が解説

社会保険労務士法人レアホアの栗原深雪です。 会社設立、法人成り時の社会保険(厚生年金・健康保険)、労働保険(労災保険・雇用保険)について、社会保険労務士の視点からご...

無料起業相談|東京・神奈川(横浜等)・ZOOM全国対応

ビズサポの横山です。 個人事業主開業または法人化予定の方、スタート後に課題を感じている方限定! 毎週2名様まで、無料の起業相談を承っております。ZOOM全国対応、東...

起業時にホームページ制作が必要な盲点!無料作成?開業におすすめなサイトは?

一般社団法人リブランディング協会の横山です。 起業時のホームページ制作について、個人事業主開業時点でWEBサイトが必要な理由、フリーランスにおすすめなホームページ無...

開業・法人化前にチェック!税金で損しないための注意点を税理士が解説

田辺税理士事務所の田辺悠一です。 個人事業主開業、会社設立(法人化・法人成り)時に役立つ情報や注意点を税理士の視点からご説明させていただきます。 動画タイトル 開業...

法人化・会社設立の流れ・進め方、種類、費用、サポートを行政書士が解説

高柳麻紀行政書士事務所の高柳麻紀です。 会社設立(法人化・法人成り)の流れ・進め方、種類、費用などについて、行政書士の視点からご説明させていただきます。 動画タイト...

-->
TOP