シニア起業のすすめ・メリットと注意点

シニア起業のすすめ・メリットと注意点

シニアと聞くと、皆さんは何歳の方をイメージしますか?

シニアの定義は様々です。法律によっても定義が違います。
『道路交通法』では令和4年5月13日から70歳以上の運転者は「高齢運転者」とされ、技能講習が義務化されました。『高齢者の医療の確保に関する法律』では65歳から75歳までを「前期高齢者」75歳以上の人を「後期高齢者」と定めています。
内閣府では65歳以上の人口比率をもって高齢化率としています。

江戸時代の平均寿命は50歳だったと言われています。少し前までは60歳が定年とされてきました。男女共に寿命が延び「人生100年時代」と呼ばれる現在は、60歳はシニアと呼ばない、ご自身もシニアの自覚はないといってもいいでしょう。

「老後20~30 年間で約1,300 万円~2,000 万円が不足する」という政府の計算を発端に物議を醸した「2000万円問題」は記憶に新しいところです。勤めていた会社に残る方もいれば、第二の人生として働き方を変えようと起業する方も増えています。

ここではシニア起業のメリットと注意点を見ていきます。

法律と行政手続きの専門家
行政書士 高柳麻紀

シニア起業のメリット

①知識・経験を生かせる

人生経験、社会人経験が豊富なシニア世代の方はこれまでに培った知識や経験で起業するには有利です。長年サラリーマンをしていた方であれば、それぞれの職種の内部事情にも精通しているため、誰がどんな事を知りたいのかといった的確なアドバイスができます。前職を生かした起業をするのはシニア起業の強みとなります。

 

②制限がない

自身で起業するので、これまでの会社にあった年齢制限や就業規則、果たすべき仕事やノルマといったものはなくなります。体力の続く限り働くことができますし、がむしゃらに稼ぐ必要もないでしょう。これまでの趣味にさらに没頭し、それがビジネスにつながることもあります。家事、料理といった普通に行っていた生活の一部も知恵やコツを教えることによってビジネスになります。

 

③人脈が生かせる

知識・経験に関わることですが、これまでに築いた人脈も大きなメリットになります。顧客の獲得や販路の開拓などは起業に欠かせないことです。経験が浅い人間は人脈を作るのに時間がかかったり、販路開拓の方法に苦労することがほとんどですが、現役時代に築き上げた人脈を大いに生かし、新しい情報を得ることにもつなげやすいシニアの方は強みを持っているといえます。

 

④シニア起業を支援する助成金・補助金がある

「日本政策金融公庫」では女性・若者・シニア起業家に向けて新規開業資金の融資制度があります。
また川崎市でも「女性・若者・シニア起業支援資金」として運転資金、設備資金の融資を行っています。

まだまだこれから!こういった制度を使ってアイデアを練るのもいいですね。

シニア起業の注意点

①体力面を考慮する

体力の衰えや健康上の問題が出てくることはきちんと受け止めましょう。起業して自分でしなければいけないことが多くなる分、疲弊したり気疲れなども出てきます。体調を顧みず働き、倒れてしまったら会社も倒れてしまいますよ。

 

②計画的な資金運用を

サラリーマン時代と同じように定額で一定の給料が入るわけではありません。予想外にコストがかかったり、起業してすぐに安定した収入を確保できるとは限りません。起業前にしっかりと事業計画を練り、私財を投資しすぎることがないようにしましょう。負債が大きくなれば精神的ダメージも大きくなります。シニア起業は「何度でもやり直しがきくとは言えない」ところにも注意する必要があります。

 

③柔軟な対応力が必要

人脈が広かったり、経験値が高いことはメリットになりますが、デメリットにもなることがあります。うまく人脈が生かせない職種で起業することもあるでしょう。また時代の流れはご自身が考える以上に速くなっています。情報収集に努める必要がありますし、これから関わる人や取引先は自分より歳が下の人間がほとんどです。プライドは必要ですが、高すぎて裏目に出ることがあります。「頑固で付き合いにくい」「なんだか偉そうだ」という言動は(職種によりますが)、よい結果に結びつくとは限りません。

年下だと思っても起業家としての経験によっては、よい情報やアイデアを聞けることもあるでしょう。柔軟に挨拶をしたり感謝の意を伝えたり謙虚に接することを心掛けましょう。

 

 

↓ 起業相談 ↓

オンライン起業無料相談

↓ 起業成功事例 ↓

起業支援お役立ち情報

免責事項

TEAM 起業支援&企業サポートは、高柳麻紀行政書士事務所の『横浜の行政書士 高柳麻紀』監修のもと、運営しております。
専門的で難しい内容を「簡潔にわかりやすくお伝えすることを優先し、詳細を割愛させていただいている部分もございます。
当サイトをご利用になり生じたいかなる損害についても、賠償責任を負いません。行動に移される場合には、事前に各専門家(専門家一覧)に直接ご連絡頂けますようお願い申し上げます。


TEAM 起業支援&法人化サポート
人気順ランキング

会社設立 個人事業主を残して掛け持ち?引継ぎ?

個人事業主を続けながら、会社設立はできるのでしょうか。法人と個人事業主の掛け持ちはできるのでしょうか。 シンプルに答えると、「できます!」 法人経営と...

起業とは?創業、独立、開業、創立、設立、ベンチャーとの違い

起業(きぎょう)とは「新しく事業を起こすこと」を意味します。 創業、開業、創立、設立、独立、ベンチャーとの使われ方の違いを比較すると、より繊細に「起業...

法人の種類と特徴。会社設立時の選択が運命を決める!

法人の種類と特徴 ~会社設立時の選択が運命を決める!~ 少し難しいお話ですが、「法人」ってなんでしょう。私たち一人一人に人格があり、法律により権利や義...

定款の作り方 会社設立後に損しない定款とは?

法人設立を始めるに当たって、定款は必ず作成しなければなりません。 会社法では株式会社や合同会社について定款の作成義務を設けています。 NPO法人につい...


起業・創業・法人化
お役立ち情報一覧

TEAM 起業支援&法人化サポート
専門家紹介

法人化時の社会保険(厚生年金・健康保険)、労働保険について社労士が解説

社会保険労務士法人レアホアの栗原深雪です。 会社設立、法人成り時の社会保険(厚生年金・健康保険)、労働保険(労災保険・雇用保険)について、社会保険労務士の視点からご...

無料起業相談|東京・神奈川(横浜等)・ZOOM全国対応

ビズサポの横山です。 個人事業主開業または法人化予定の方、スタート後に課題を感じている方限定! 毎週2名様まで、無料の起業相談を承っております。ZOOM全国対応、東...

起業時にホームページ制作が必要な盲点!無料作成?開業におすすめなサイトは?

一般社団法人リブランディング協会の横山です。 起業時のホームページ制作について、個人事業主開業時点でWEBサイトが必要な理由、フリーランスにおすすめなホームページ無...

開業・法人化前にチェック!税金で損しないための注意点を税理士が解説

田辺税理士事務所の田辺悠一です。 個人事業主開業、会社設立(法人化・法人成り)時に役立つ情報や注意点を税理士の視点からご説明させていただきます。 動画タイトル 開業...

法人化・会社設立の流れ・進め方、種類、費用、サポートを行政書士が解説

高柳麻紀行政書士事務所の高柳麻紀です。 会社設立(法人化・法人成り)の流れ・進め方、種類、費用などについて、行政書士の視点からご説明させていただきます。 動画タイト...

-->
TOP